ブレードランナー
  • 名作紹介
  • 2015-08-04

  • 今回も名作の紹介です。

    ブレードランナー
    blade01.jpg
    公開  1982年

    監督はエイリアン、ブラック・レインなどの作品を手がけた
    リドリー・スコットです。

    SF映画の最高傑作として、1993年にアメリカ国立フイルム登録簿に
    永久保存登録されたもので、表現された近未来のイメージは
    その後の小説、映画、アニメ、マンガやゲームに強い影響を与えました。

    私達、映像に関わる者たちも大きな影響を受けました。
    映像を依頼される時に、ブレードランナーのあのシーンの感じで、
    とよく言われました。

    主演はハリソン・フォードです。

    内容は、2019年 地球環境の悪化でほとんどの人類は宇宙に移住したが、
    残された人々は地球の人口過密な高層ビルのスラム街に強制的に暮らしていた。
    blade04.jpg
    blade08.jpg 
    blade03.jpg
    一方、資源を確保するため、人間では入れない環境の中で労働する
    「人造人間」を遺伝子工学で造り上げて
    宇宙開拓の前線に送っていた。

    その人造人間は特殊な能力を持つが人間と見分けが付かず、
    しかも経験を積むことで感情が芽生えるため、
    製造者側は4年で死ぬように遺伝子操作を行っていた。

    それを知った人造人間の6人が宇宙船を乗っ取り、
    地球へと密航し、スラム化した街に隠れてしまう。
    そのリーダーは戦闘兵としての能力をもつ危険な人造人間であるため、
    彼らを探しだして抹殺する優秀な追跡者「ブレードランナー」が選ばれた。
    blade07.png

    この作品の世界観が非常に素晴らしく、
    監督は東京の歌舞伎町を参考に作り上げたので、
    ところどころに日本の表現や日本語が飛び交います。
    blade02.jpg

    ただ、全体的には中華街みたいですが・・

    とにかく街や行き交う住人や乗り物、
    すべてがデザインされています。
    未来的だとクリーンなイメージですが
    この作品は非常に退廃的でカオス的な世界観で表現されています。

    今では普通ですが、この作品がその最初の作品と言えるでしょう。

    その世界の中で、
    命を操作されたモノの感情と
    blade06.jpg
    それを追い詰める人間。
    blade09.png
    展開もただのSF映画ではありません。

    最後に彼は、なぜ、そういう行動をとったのか
    いろいろと論争になった作品でした。

    ちなみに、この作品が製作されたときには、まだCGが無かったので、
    全てミニチュアや釣り、クレーンでの撮影です。
    blade10.jpg 
    blade05.jpg
    CG制作に係る自分がいうのも何ですが、
    やっぱりCGよりこういう表現の方が味があっていいですね。

    日本ではE.Tが上映された年でした。

    また、2016年に続編が撮影開始されるとのことです。

    予告映像です。


    テーマ : 映画情報
    ジャンル : 映画

    十二人の怒れる男
  • 名作紹介
  • 2015-07-29

  • 今回は名作紹介シリーズです。

    十二人の怒れる男
    12ninn01.jpg
    公開  1957年

    テレビドラマからの映画化で、
    名優ヘンリーフォンダがプロデューサー兼主演として参加したものです。

    製作費は350,000ドル、当時のレートで1億2千万円ぐらいですが、
    予算が無くても名作が生まれた代表的な映画です。

    内容は、スラム育ちで札付きの18歳の少年が
    父親を刺し殺した事件の陪審員として
    12人の男たち(当時は男性のみ)が呼ばれた。
    12ninn05.jpg
    冒頭すぐに陪審員達は陪審室に移動し、
    12人全員の意見が一致するまで、その部屋に缶詰状態になる。

    時期は夏、湿気のある最高気温状態で、部屋にはクーラーが無い。
    ちょうど今の時期と同じです。

    少年の裁判には明らかに有罪である証拠が揃っていて、
    陪審員が有罪で一致すれば死刑になる裁判です。

    証言1.
    下の階に住んでいる老人。
    少年と父親の言い争う声と、人が倒れる音を聞き、
    直後に部屋のドアから、少年が階段を降りていくのを見た。
    証言2.
    ビルの真向いに住む女性。
    高架橋を走る電車ごしに、父親を刺す少年を見た。
    証拠1
    父親に刺さったナイフが少年が持っていたナイフと
    同じナイフだった。
    証拠2
    少年の犯行時刻のアリバイが無い

    以上より、この陪審は簡単だと思っていた陪審員たち。
    彼らは一般人で、引退した老人や学校の先生、セールスマンや労働者、
    経営者や株仲介人などが集まっていた。

    皆予定があるし、蒸し暑い部屋から一刻も早く出たいと思っていたので
    すぐに有罪の決を取るが、
    12ninn02.jpg
    一人だけ疑問があるということで無罪を主張する。

    他は皆、簡単に済ませたいと思っていた人達だったので
    険悪な状態になってしまうが、
    12ninn04.jpg
    主人公が疑問を一つ、一つ投げかけていくにつれ、
    陪審員たちも一人、また一人と同じように疑問をもつようになる。
    12ninn03.jpg

    最初に一瞬だけ裁判シーンがありますが、
    舞台はクーラーが無い狭い部屋の中だけです。
    登場するのも、この12人のみです。

    それでも、主人公の一言をきっかけに、
    どんどん引き込まれていきます。
    そして遂に最後の一人が無罪と言うところが最高潮です。
    12人の役者の見事な演技力です。

    作品は古く白黒ですが、部屋の蒸し暑さやイライラ感、
    疑問に気づいた衝撃がはっきり伝る見事な映画です。

    固定概念とか感情ではなく、公平な判断が如何に大事かを教えられます。

    冒頭に少年をじっと見つめるカメラも印象的でした。

    私の一押しの名作です。

    予告映像です。


    テーマ : 映画情報
    ジャンル : 映画

    ディズニーアニメーション
  • 名作紹介
  • 2015-01-14

  • 今日はディズニーアニメーションについて述べたいと思います。
    ディズニーの創設者、ウォルト・ディズニーが生まれたのは1901年です。
    日本では
    なんと日露戦争より前になります。
    walt01.jpeg
    彼はアイルランドからアメリカに移民として渡って来ました。
    もともと絵が好きで、お金を稼ぐ為に新聞の漫画を描いていましたが、
    セル画のアニメーションが登場するとすぐに興味を持ち、
    アニメーターとして働くようになり、今のディズニーのベースが出来たのです。

    1920年頃の話です。

    ディズニーはアニメーションの基礎を造ったと言っても過言ではりません。
    そこから生まれた技法や人材が今だ世界のアニメ界の中心なのですから。

    ディズニーアニメの最高傑作は何といってもコレです。
    「ファンタジア」
    fantasia.jpg
    公開 1940年
    オーケストラのクラシック演奏に合わせたアニメーションの8編からなり、
    バッハやチャイコフスキー、ベートヴェンの代表曲が連なっています。
    芸術の域まで高めた
    アニメーションを作り上げたいという思いで
    投入したスタッフは1000人、描いた原画は100万枚、製作期間3年という
    とんでもない資金と労力をつぎ込んだ大作です。

    しかも史上初のステレオ音声です。
    初のステレオがアニメだったとは思いませんでした。

    このシーンに登場するキャラクター達の踊りや展開が絶品です。
    今でも通用する見事なアニメーションに目が釘付けになります。

    そしてもう一作品はこれです。
    「ダンボ」
    dumbo02.jpg 
    公開 1941年
    意外と思う人もいるかと思いますが、
    この作品には狂気な空想の世界を感じるシーンがあるのです。

    この耳の大きいダンボが夢をみると「ピンクの像」が出て来て踊るのですが、
    それが、これまで見たこと無いアニメーションなのです。
    ドラッグ中毒の幻覚などとも言われていますが、
    dumbo01.jpg 
    トラウマになりそうですね。
    昔のディズニーアニメにはトラウマになりそうなシーンが
    結構あります。

    実は日本アニメにも昔はありました。
    特に「ガンバの冒険」にはトラウマを持っている人も少なくないでしょう。
    しかし最近はまったくと言っていいほどありません。
    良く聞く「PTAから・・」なのでしょうか。
    かえってつまらなくなりました。

    そんなディズニーアニメもCGの発展に押されることになります。

    2001年頃に、ディズニー本社でアニメ部門のスタッフと会議をしたことがあります。
    社内には、いたるところにミッキーが形どられたモチーフがありました。
    ドアのノブや窓、床など、トイレにさえもです。
    disney01.jpg
    ご覧のようにディズニーのキャラクター達が会社を支えています。
    そういう意味でも2Dアニメに拘っていたのでしょうが、
    「トイ・ストーリー」などのCGアニメに押されていて、
    アニメ部門は予算削減が重要な課題になっていると聞かされたことを思い出します。

    近年ではPixarという強力なCG製作会社をグループ化したことで、
    ディズニーの中もよい意味で進化したようです。
    大ヒット作「アナと雪の女王」をみても分かるように、
    ディズニーアニメのセル画をトレースしてCGを作ることで、
    特徴的な動きのアニメとCGを見事に融合させた作品を発表しています。

    ちなみに、1997年ごろのアメリカのアニメーター仲間内での話ですが、
    ディズニーの雇用契約は厳しい内容で有名でしたので、
    ディズニーに雇用されることを「悪魔に魂を売った」と言っていました。

    今でもそうなんでしょうかね。


    テーマ : ディズニー映画
    ジャンル : 映画

    ロードオブザリング
  • 名作紹介
  • 2015-01-01

  • 2015年初めての記事は名作紹介、「ロードオブザリング」3部作です。
    load07.jpg
    実は31日の大晦日にNHKBSで1話、2話と3話が放映されました。
    16時から次の日、つまり年明けのAM1時半ちかくまで連続で放送され、
    お陰で年が明ける瞬間を見逃してしまいました。

    情報は以下になります。

    監督 ピーター・ジャクソン
    公開日 2001年、2002年、2003年
    製作費は3作合計 約300億円以上
    興行収入は3作合計 約3000億円以上

    この作品はJ・R・R・トールキンというイギリスの文献、言語学者が
    1937年から書き始めて1954年に出版された「指輪物語」の映画化です。
    この学者は自分の能力を発揮しエルフ語という新しい言語をつくりあげ、
    文化や風習までとことん拘って書きあげたファンタジー小説です。

    現在、私達が映画やゲームなどで楽しんでいるファンタジーものは
    すべてこの作品から発展した
    といっても過言ではありません

    映画はニュージーランドとアメリカとの合作で、撮影、製作はニュージーランドが
    メインで製作しました。
    これを皮切りにニュージーランドは映画製作地として名乗りをあげる
    ことになります。

    この作品の製作開始のニュースがながれたとき、アメリカ人の友人が、
     「指輪物語」は子供の頃にかならず学校で読まされる。
     だから皆がそれぞれにイメージを持っているので、映画化には
     非常に勇気がいる。
    と言っていました。
    今まで映画化されなかったのは映像技術的に不可能な点もありますが、
    失敗したくないというのが本音だったそうです。

    そういう作品に挑戦するのですから半端ない拘りを持つ監督が名乗りをあげます。
    この作品の拘りは映像技術においても目をみはるモノがあります。
    load05.jpeg
    まず、ホビット(手前の4人)と後の人達の身長の差です。
    ホビットは小人の種族なので、このような見せ方をしなければ
    なりません。
    load06.jpg
    ご覧のように実際には身長差はありません。
    この技法は別々に撮影した後で合成します。
    撮影手順を考えると嫌になります。
    更にお互いに絡むシーンになると考えるだけで気が遠くなります。

    また、この作品では多くのCG技術が開発されました。
    load08.jpg
    群衆プログラムです。
    沢山の群衆が戦ったり、走ったりするCGのプログラムです。
    お互いにぶつからないように、避けたりもします。
    そして敵と出っくわすと戦いが始まるようになっています。

    このプログラムは3,4年後に私達のCG業界にソフトとして売られて来ました。
    その時期に邦画でよく群衆が出て来たのはそういう理由もあるのです。

    ただ、この作品の最高傑作はこれです。
    ゴラムという名で登場します。
    load04.jpg
    この作品を見て、
    ずっとこういう人がいるのだと思っていた人もいました。
    私達、プロから見ても驚きべきCGです。

    身体の動きに合わせて筋肉や皮膚もちゃんと動いています。
    手や耳が光で透き通るところでは血管も透けてみえます。
    爪の中などもちゃんと汚れがついています。

    究極の拘りと言っても良いでしょう。

    このゴラムの動きに関してですが、実は全身ブルー姿の人が
    主人公達と同時に撮影されます。
    ブルー姿の人には特殊な小さなボールが多数ついていて、そのボールの位置を読み取る装置で動きをCGに変えることが出来ます。

    これを「モーションキャプチャー」といいます。
    この技術はいずれ記事にしたいと思います。

    ちなみに、このブルー姿の人はアンディ・サーキスというイギリスの俳優です。
    彼は是非ともこの作品に出演したいと思い監督に自分のビデオを送りつけました。
    結果は採用されませんでした。

    しかし、監督が彼の動きを気に入り、このゴラムの「モーションアクター」
    に採用したのです。
    当然、彼は動きだけで映像に登場するのはCGのゴラムです。
    後日談ですが、彼の動きは非常に評判になり「キングコング」「猿の惑星 新世紀」
    「ゴジラ」などの「モーションアクター」としてハリウッドで売れっ子となります。

    あいかわらず顔は出ませんが・・

    この作品は原作の小説から徹底的に拘って書かれものですので、
    映画化も並はずれた拘りで取り組んだお陰で大成功となりました。

    建物のデザインや服装や鎧、小物まで素晴らしいデザイン設定がなされ、
    撮影技術や映像技術は他の作品の追随を現在でも許していません。

    リアル思考からどこを見ても隙はまったくありません。

    名作と言えるでしょう。

    あとは好き好きだけです。
    戦いばっかりと言う人もいますし、登場人物が多すぎて難し過ぎる
    という人もいます。長すぎるという意見もあります。

    ただ、長編の小説を見事に映画という映像に落とし込み
    6年(ホビット編も含む)もの間、私達を楽しみにさせた映画作品は
    この作品しかありません。

    テーマ : 映画レビュー
    ジャンル : 映画

    黒澤作品影武者
  • 名作紹介
  • 2014-12-27

  • 今回は黒澤作品の紹介です。第一弾は「影武者」です。

    公開   1980年
    製作費  約10億円
    興行収入 約27億円
    プロデューサー    田中友幸(ゴジラ)
    海外プロデューサー フランシス・フォード・コッポラ(ゴットファーザー)
                  ジョージ・ルーカス(スターウォーズ)
    kage.jpeg
    80年の公開ですから、当然CG技術等はありません。
    黒澤作品はいろいろな人が批評していますが、世界に認められた監督
    であるということは誰も疑わないでしょう。

    私が黒澤作品で一番魅了されるのは「カメラ」です。
    カメラアングルのどこにも「隙」がないのです。
    そこがすごいと思っています。

    それでは詳しく見ていきましょう。

    初っ端からこのシーンです。
    images03.jpeg
    約6分の固定カメラのシーンです。
    しかも一人二役ですから2回撮っているということになります。
    うまく合成していますが、そんなことより、
    撮影現場の緊張感は半端なかった
    と思います。

    なにしろ、6分のフィルムを回しているので、一つでもミスすると6分のフィルムが
    パアになるのです。(フィルム費が半端ないですから)

    このシーンの真正面のカメラ位置も本当に勇気がいります。
    よぽど自信がないと置けない位置です。

    黒澤監督はすべてのカットのカメラ位置を綿密に計算しているとしか
    思えません。
    images01.jpeg
    丘の向こうから現れる信玄軍のシーンです。
    夕焼けの空が大きく広がっています。
    こういうアングルは本当にしびれます。
    しかもいい雲です。何日も待っていたのでしょう。
    images02.jpeg
    監督のアングルに
    よくある構図です。
    手前と奥と夕日のバランスが素晴らしい。
    images04.jpeg
    馬の激走のシーンです。
    地面に起伏があるので、奥から激走してくる馬が一旦隠れて見えなくなり、
    手前でまた出てくるという見せ方が素晴らしい。
    馬の数も数百頭が登場します。

    実は以前ゲームムービー制作時によく参考にしました。
    公開から数十年たつ今になっても学ぶべきところが沢山あるのです。

    一番印象的なシーンは、戦場で敵が信玄本陣に奇襲したときに
    本陣の陣営をみて引き返すシーンです。
    整然と配置した陣営を固定カメラで見せているだけで
    敵を諦めさせた演出がすごいのです。
    普通は固定カメラだけで表現できません。

    すべてに置いて奥行を意識したカメラアングルを重用しています。
    一つ一つ検証していきたいのですが、そうもいきませんので
    皆さんが見る時にそういう視点から見るというのも面白いと思います。

    内容についてはもうすでにいろいろと言い尽くされているので、私から敢えて
    いうことはありません。

    私の映画アウトリストではよく衣装やメイクの指摘をしますが、
    「影武者」ではどうでしょう?

    image06.jpeg
    どうです、ここまで馴染んだ兜をかぶった武将をみたことありますか。
    しかもカッコいい!

    キャスティングでももちろん素晴らしい俳優陣をつかっています。
    その中でも、ここまで信長像に近い俳優を今だにみたことがありません。
    隆大介さんという俳優です。
    しかも演技の本気度が半端ないです。
    nobu.jpeg
    また、この作品では小姓役など広く一般からオーディションで選ばれ、
    素人でも結構セリフをもらえたことなども話題になりました。

    撮影場所に姫路城や熊本城をつかえたのも黒澤だからでしょう。

    ここまで拘り、スケールのある映画を撮れるのは、日本においては
    黒澤明しかいません。
    今後、彼を超す人材が生まれるかどうか。

    黒澤の記事です。
    「私は海外にいくとスター扱いだが、日本では乞食あつかいを受ける」
    「世界の黒澤」さえこのありさまです。他はいうべくもありません。

    最後にこの作品にも残念な点はあります。
    予算の問題もあったと思いますが、林軍が少ない印象と
    ひとカットが長い点です。
    特に「悪夢のシーン」と「屍シーン」で、時代によって好まれるテンポは
    変わるとは思いますがとにかく長いです。

    それでも時代物の映画でこの影武者に匹敵するのは他の黒澤作品だけです。


    テーマ : 映画レビュー
    ジャンル : 映画

    プロフィール

     野口秀昭

    Author: 野口秀昭
    30年近くCG映像業界に身を
    置き、CM、展博、ゲームなど
    の映像を担当し受賞作品や
    有名タイトルを多数制作

    アクセス
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    検索フォーム
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR