シン・シティー
  • 映画紹介
  • 2015-01-10

  • 「シン・シティー」の続編、「シン・シティー 復讐の女神」が上映されています。

    実は私はこの作品が
    意外と好きです。
    なぜかと聞かれても答えは出ません。
    私の感性を刺激すると
    しか言えません。

    SIN CITY
    sin01.jpeg
    公開      2005年
    監督      フランク・ミラー、ロバート・ロドリゲス
    製作費     約40億円
    興行収入  約160億円

    この作品はフランク・ミラーのコミック「シン・シティー」を映画化したモノです。
    ちなみに、フランク・ミラーは映画「300」でも監督をしています。
    300.jpg
    系統は同じですね。
    これも好きな作品です。


    とにかくこの遠近感を無視したカメラアングルがしびれるのです。
    sincity03.jpg
    sin02.png
    sin06.jpeg
    そして何よりもこの光と影の表現が超カッコいいのです。
    sin05.jpg
    個別に何個もライトを使っているのだと思いますが、
    完成度が高いです。

    しかもモノクロの表現をしているのに一部色をつけているところが
    また素晴らしい感性です。(スニーカーが赤い)

     sin08.jpg
    この映画は、背景をほぼCGで表現することで現実に無い不思議な世界を
    表現しています。
    sin09.gif
    実際にはすべてスタジオで撮影しています。

    フランク・ミラー監督は「300」でも同じ撮影方法をとっています。
    スタジオで撮影することで野外で撮影するより大幅な予算を削減する
    ことが出来ます。
    しかも不思議な世界観をつくりあげています。

    内容はバイオレンスのオンパレードですが、
    とにかく映像が超しびれる作品です。

    私は好きです!

    映像を目指す人にはライティングの勉強になると思います。


    関連記事

    テーマ : 映画関連ネタ
    ジャンル : 映画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

     野口秀昭

    Author: 野口秀昭
    30年近くCG映像業界に身を
    置き、CM、展博、ゲームなど
    の映像を担当し受賞作品や
    有名タイトルを多数制作

    アクセス
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    検索フォーム
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR