激突~映画とドラマの境界線~
  • 映画紹介
  • 2015-02-14

  • 今回は映画とドラマの境界線について書きたいと思います。
    私はよく邦画を映画かドラマかで批評してきましたが、
    それでは映画とドラマの境界線は何か。
    よい例となる「映画」があります。

    激突
    gekitotu02.png
    公開    1971年
    製作費 約5千万円
    監督   スティーブン・スピルバーグ

    この作品はスティーブン・スピルバーグがまだ無名のときに作った映画で
    彼の実質的なデビュー作品となりました。

    内容は、アメリカのセールスマンが車でハイウェイを移動中に
    大型タンクローリーを追い越したことで、
    このタンクローリーにしつこく命を狙われるという短編小説の映画化です。

    この作品は登場人物が少なく、殆どがタンクローリーと主人公と彼の車のみで、
    背景も広大なハイウェイだけです。
    タンクローリーの運転手は画面には登場しません。
    gekitotu01.png

    したがって製作費だけを見るとドラマレベルですが、
    カメラをローアングルで見せているだけで、
    すごい勢いで迫ってくるタンクローリーの恐怖感を与えたり、
    gekitotu03.jpg
    タンクローリーの運転手を最後まで見せない演出をすることで、
    人とタンクローリーという怪物との戦いとなり、絶望感をも表現しています。
    gekitotu04.png
    しかも広大なハイウェイでのカーチェイスでスケール感もあります。

    つまりカメラアングルやスケール感とスピード感、
    そして不気味さを感じさせる見せ方の演出で
    映画館の大画面で見たい作品に仕上げているのです。

    お金をかけなくても十分映画になりうる、ということですが、
    一方「お金をかけてないと思わせない」こともまた重要です。

    日本映画はよく設定を大きくしますが、
    予算が無いので造りとか展開を間引いてしまいます。
    たとえば、大合戦なのに数十人しか兵が居ないなどがよい例で、
    奥がCGで、実際に戦っている兵が少ないなども同じです。
    こうなると画面が安っぽくなってしまいます。

    予算が少ない場合は少ないなりの作り方があります。
    この激突という映画がその答えをだしていると思います。


    関連記事

    テーマ : 映画情報
    ジャンル : 映画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

     野口秀昭

    Author: 野口秀昭
    30年近くCG映像業界に身を
    置き、CM、展博、ゲームなど
    の映像を担当し受賞作品や
    有名タイトルを多数制作

    アクセス
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    検索フォーム
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR