寄生獣 パート1
  • 映画批評
  • 2015-05-05

  • 今回は、現在上映中の映画の前篇となる作品について
    書きたいと思います。

    寄生獣 パート1
    kisei01.jpg
    公開  2014年

    2部構成となっていて、完結編が現在上映されています。

    80~90年代に連載された漫画の映画化です。
    実は映画化権が一度、ハリウッドに持っていかれたのですが
    実現されることなく契約期限が切れた為、
    日本国内での争奪戦の末、山崎貴監督が
    映像化することになったそうです。

    全10巻の漫画を2部作にまとめる為にテーマを絞り、
    内容や登場人物も削除する箇所を徹底的に詰めたとのことです。
    したがって原作とは登場人物の役割が違うところもありますが
    わかりやすい内容になっています。

    内容は、自然界が増えすぎた人間を減らすために生み出した寄生獣が、
    人間の中に入りこんで脳を乗っ取り、次々に人間を捕食していく。
    主人公(染谷将太)も寄生されるが、たまたま右手に寄生されたことで、
    寄生獣との共存共栄を目指すことになるが、寄生された人間?らに命を狙われる。
    一方、寄生された人間達の中でも人間を捕食するだけでなく、
    コントロールすることを模索するグループも生まれてくる。

    このような設定は、日本ではよく考えられます。
    つまり、地球にとっての悪は人間だ、という設定です。
    初めに生まれたのは「アキラ」でしょうか。
    akira01.jpg
    それからいろんな作品が生まれましたが、
    根底にはこのアキラがあると思います。

    さて、批評ですが、
    この監督は、良い作品と悪い作品が大きく分かれます。
    この作品は良い方だと思います。
    たぶん、監督自身も好きな作品だったのでしょう。

    ストーリーも大分、短縮化したにもかかわらず、
    展開に違和感はありませんでした。

    また、映像に関しても
    kisei02.jpg
    色調整も悪くありません。
    何がメインライトか、ちゃんとわかるように撮っています。

    カメラの見せ方も、寄生された人物が登場する場面では、
    足元から、とか、
    カメラを移動させると姿が見えてくるとか、
    逆に固定カメラ内に入ってくるとか、面白い登場の仕方を入れて
    不気味さを出しています。

    CGは最初の寄生する生き物の動きまわるところで
    接地面がうん?というところがありましたが
    寄生獣は今の日本の技術で上質レベルだと思います。
    なぜかゲーム会社2社が協力しているのも面白いです。

    また、このような作品ではよく陥るグロさを
    最低限度に押さえているのも良かったと思います。
    kisei04.png
    目を背けたくなるのは良い気持ちになりませんからね。

    あと、音楽も良かったです。
    るろうに剣心や大河ドラマの竜馬伝を担当した佐藤直紀でした。

    グローバルな作品であるかは疑問ですが
    楽しめた作品でした。
    完結編も楽しみです。

    予告映像です。


    関連記事

    テーマ : 映画レビュー
    ジャンル : 映画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

     野口秀昭

    Author: 野口秀昭
    30年近くCG映像業界に身を
    置き、CM、展博、ゲームなど
    の映像を担当し受賞作品や
    有名タイトルを多数制作

    アクセス
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    検索フォーム
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR