ブレードランナー
  • 名作紹介
  • 2015-08-04

  • 今回も名作の紹介です。

    ブレードランナー
    blade01.jpg
    公開  1982年

    監督はエイリアン、ブラック・レインなどの作品を手がけた
    リドリー・スコットです。

    SF映画の最高傑作として、1993年にアメリカ国立フイルム登録簿に
    永久保存登録されたもので、表現された近未来のイメージは
    その後の小説、映画、アニメ、マンガやゲームに強い影響を与えました。

    私達、映像に関わる者たちも大きな影響を受けました。
    映像を依頼される時に、ブレードランナーのあのシーンの感じで、
    とよく言われました。

    主演はハリソン・フォードです。

    内容は、2019年 地球環境の悪化でほとんどの人類は宇宙に移住したが、
    残された人々は地球の人口過密な高層ビルのスラム街に強制的に暮らしていた。
    blade04.jpg
    blade08.jpg 
    blade03.jpg
    一方、資源を確保するため、人間では入れない環境の中で労働する
    「人造人間」を遺伝子工学で造り上げて
    宇宙開拓の前線に送っていた。

    その人造人間は特殊な能力を持つが人間と見分けが付かず、
    しかも経験を積むことで感情が芽生えるため、
    製造者側は4年で死ぬように遺伝子操作を行っていた。

    それを知った人造人間の6人が宇宙船を乗っ取り、
    地球へと密航し、スラム化した街に隠れてしまう。
    そのリーダーは戦闘兵としての能力をもつ危険な人造人間であるため、
    彼らを探しだして抹殺する優秀な追跡者「ブレードランナー」が選ばれた。
    blade07.png

    この作品の世界観が非常に素晴らしく、
    監督は東京の歌舞伎町を参考に作り上げたので、
    ところどころに日本の表現や日本語が飛び交います。
    blade02.jpg

    ただ、全体的には中華街みたいですが・・

    とにかく街や行き交う住人や乗り物、
    すべてがデザインされています。
    未来的だとクリーンなイメージですが
    この作品は非常に退廃的でカオス的な世界観で表現されています。

    今では普通ですが、この作品がその最初の作品と言えるでしょう。

    その世界の中で、
    命を操作されたモノの感情と
    blade06.jpg
    それを追い詰める人間。
    blade09.png
    展開もただのSF映画ではありません。

    最後に彼は、なぜ、そういう行動をとったのか
    いろいろと論争になった作品でした。

    ちなみに、この作品が製作されたときには、まだCGが無かったので、
    全てミニチュアや釣り、クレーンでの撮影です。
    blade10.jpg 
    blade05.jpg
    CG制作に係る自分がいうのも何ですが、
    やっぱりCGよりこういう表現の方が味があっていいですね。

    日本ではE.Tが上映された年でした。

    また、2016年に続編が撮影開始されるとのことです。

    予告映像です。


    関連記事

    テーマ : 映画情報
    ジャンル : 映画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

     野口秀昭

    Author: 野口秀昭
    30年近くCG映像業界に身を
    置き、CM、展博、ゲームなど
    の映像を担当し受賞作品や
    有名タイトルを多数制作

    アクセス
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    検索フォーム
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR